イー・モバイルが携帯サービス開始、端末予約は1万7000件


 携帯電話事業に13年ぶりに新規参入したイー・モバイル(東京・港)が3月31日、東京23区や名古屋、京都、大阪の各市でデータ通信のサービスを始めた。都内の家電量販店で同日開いた開業記念式典に出席した千本倖生会長は端末の予約が30日までに1万7000件に達したことを明らかにした。

 パソコンに差し込んで使うカード型端末と、キーボードや液晶画面が付いた多機能端末の2種を同日から発売した。

 式典を開催した「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」(東京・千代田)では、千本会長が「日本を携帯ブロードバンド(高速大容量)通信でナンバーワンの国にする」とあいさつ。店内には携帯・PHSの既存4社と並んで売り場が設けられ、午前9時半の開店と同時に徹夜組などが端末を買い求めた。

 同社が提供するのは、インターネットや電子メールが月額5980円の定額で使い放題になるデータ通信サービス。08年3月からは音声通話サービスも始める。

 初年度の目標契約数は30万件。利用可能地域は6月末には首都圏や大阪近郊、神戸市にも広がる。「基地局設置は計画を前倒して進めており、政令都市でも早期に使えるようになる」(種野晴夫社長)としている。(2007.4.1/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-01 10:10 | 周辺機器  

<< 動画投稿サイトに政見放送、選管... イー・モバイル、携帯電話事業に... >>