「短縮ダイアル」機能を搭載した「Opera 9.20」ベータ版公開





 ノルウェーのOpera Softwareは28日、新機能「Speed Dial」(日本語では「短縮ダイアル」)機能を搭載した「Opera 9.20」ベータ版を公開した。

 短縮ダイアルとは、よく利用するWebサイトにできるだけ素早くアクセスするための機能。空白タブ内に計9サイトのサムネイル画像を表示させ、それをクリックすることで、そのサイトへのアクセスがより素早く行なえる。9つのサイトはユーザーが好みで登録でき、新しいタブを開くたびに自動的に短縮ダイアルタブが表示される仕組みだ。短縮ダイアルタブのアドレス欄に、サイトの番号(1~9)を入力することでも、そのサイトにアクセスできる。

 OperaのデスクトップブラウザチームマネージャーであるJohan Borg氏は、「Speed Dialは、人々が1日に定期的にブラウズするサイト数は一般に5から10サイトであるという考えに基づいている」と説明している。

 Opera 9.20ベータ版はWindows版、Mac OS版、Unix版が公開されており、いずれもOperaの実験的技術を公開する「Opera Labs」サイトなどからダウンロードできる。

(2007.3.29/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-29 18:38 | インターネット総合  

<< Boot CampがWindo... 松下、ISP「hi-ho」を1... >>