松下、ISP「hi-ho」を12億円でIIJに譲渡


 インターネットイニシアティブ(IIJ)と松下電器産業系のパナソニック ネットワークサービシズ(PNS)は3月29日、PNSが運営するインターネット・サービス・プロバイダ「hi-ho」と法人向け事業を、6月1日付でIIJに譲渡することで合意したと発表した。譲渡後もhi-hoのブランドやドメインは継承し、ユーザーに同じサービスを提供するとしている。(2007.3.29/@IT)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-29 18:36 | インターネット総合  

<< 「短縮ダイアル」機能を搭載した... au、W43SAなど6機種に不... >>