昨年の携帯電話販売、シャープが初の首位に-ガートナーまとめ



 シャープが首位に―。06年(1―12月)の携帯電話端末の国内販売で、シャープが前年比36・0%増の928万台と大きく伸び、前年首位だったパナソニックモバイルコミュニケーションズ(同13・7%減の625万台)を上回って暦年で初めて首位となった。ソフトバンクモバイル向けなどの「AQUOSケータイ」が大幅に伸びた。

 ガートナージャパンの調査によるもので、各メーカーを合算した全体の販売台数は同5・1%増の4726万台に達し、03年の4871万台に次ぐ史上2位の高水準を記録した。同番号移行制度(MNP)の導入により、新機種開発と販売競争が激化し、買い換えが促進された。(2007.3.29/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-29 16:11 | 周辺機器  

<< au、W43SAなど6機種に不... マリオとソニックが初競演=北京... >>