マリオとソニックが初競演=北京五輪向けソフトで提携―任天堂とセガ




*任天堂 <7974> とセガサミーホールディングス <6460> セガは28日、北京オリンピック向けの新作ソフト「マリオ&ソニックin北京オリンピック(仮称)」の共同制作で合意し、2007年中に発売すると発表した。携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」と家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」向けで、任天堂の「マリオ」とセガの「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」という代表的なキャラクターが初めて同じソフトで本格的に登場する。 
(2007.3.29/時事通信)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-29 15:24 | 周辺機器  

<< 昨年の携帯電話販売、シャープが... 子どもが「ネットいじめ」を親に... >>