人と繋がりにくいソーシャルブックマークサービス『クリップリンク』のベータ版サービスを開始

かなめい株式会社が、気になる記事やホームページ(クリップ)を、知らせたい友人を指定して共有・コミュニケーションができるサービス『クリップリンク』のベータ版を開始した。
面白い、ためになるページを見つけて友人・知人達に知らせたいとき、既存のソーシャルブックマークサービス(SBM)やソーシャルニュースサイトは、「不特定多数の人間との趣味関心の共有および議論」を目的としているものがほとんどであり、身近な友人・知人とのちょっとしたコミュニケーションには適していなかった。また、ソーシャルネットワークサービス(SNS)の多くは、趣味の友人・会社の友人など、趣味や環境の異なる友人を一律で「友達」として扱っている場合がほとんどであり、同一内容の投稿が、すべての友人に配信されてしまい、友人の中でも特定のメンバーしか興味がないであろう話題についてコミュニケーションを行うには適していなかった。
それが、「クリップリンク」は、「近しい友人達とのコミュニケーション(≒全く面識がない人とは繋がり難い)」と「身近だけれど異なる興味や環境の友達ごとに、情報交換や交流」を簡単に行う機能を付加した、ソーシャルブックマークサービスとなる。
「クリップリンク」では、クリップ配信先のグルーピング機能により、クリップ送信先の友人をあらかじめグルーピングすることによって、グルーピングした友人のみにクリップを配信することが可能。また、クリップ配信先の閲覧範囲指定機能で配信クリップはすべて「メンバーまで」「メンバーとメンバーの友達まで」の2段階で閲覧範囲指定が可能となる。そのほか、クリップ掲示板、RSS配信機能、オープン掲示板(全投稿クリップ一覧)などの特徴がある。

関連ページ:http://cliplink.jp/ (2007.3.29/DoorBoys)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-29 11:20 | インターネット総合  

<< ヤフー、ウェブ検索にブログフィ... 米インテル、08年にMPUの基... >>