HDMI搭載でHDD容量を拡張したブラックモデル「Xbox 360 エリート」



マイクロソフトは、HDMI端子を搭載し、HDD容量を拡張したXbox 360の上位モデル「Xbox 360 エリート」を発表した。米国では4月29日より発売し、価格は479.99ドルで、同梱品を含めた合計価格は600ドル以上。日本での発売時期や価格は現在のところ未定。

 Xbox 360 エリートは、本体カラーが従来モデルのホワイトからブラックへ一新されたほか、HDD容量も20GBから120GBへ6倍に拡張。さらにHDMI端子を1ポート搭載し、HDMI経由で1080pのフルHD出力が可能になった。有料プラン「Xbox Live ゴールド メンバーシップ」の1カ月分加入権も付属する。

 本体にはHDMI AVケーブル、本体カラーと同色のワイヤレスコントローラとヘッドセットを付属。また、Xbox 360 エリートに合わせたワイヤレスコントローラ、プレイ&チャージキット、リチャージブルバッテリーパックといったアクセサリーや、HDDを内蔵しないコアシステム向けの120GB HDDも米国では本体と同時に発売する。

 日本でのXbox 360 エリート発売に関する詳細は未定だが、同時に発表された120GBのHDDおよびすでに米国で発表されていた容量512MBのメモリーユニットは日本発売が正式に発表された。発売日は6月7日で、標準価格はHDDが18,900円、メモリーユニットが5,775円。 (2007.3.28/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-28 17:52 | 周辺機器  

<< トヨタ、「クルマOS」独自開発... グーグル、モバイル検索サービスを刷新 >>