Windows Vistaのアップデート公開、iPodやEOSの問題に対処




 Microsoftは3月27日、Windows VistaでAppleのiPodやキヤノンのデジタルカメラ「EOS」を使った場合の問題を修正するアップデートをリリースした。

 Windows Vistaでは、USB接続されているiPodを取り外すとき、ハードウェアの安全な取り外し機能を使うとiPodがクラッシュする可能性があった。Microsoftは更新プログラム(KB933824)でこの問題を修正している。

 Appleではこれに関して、iPodを取り外す際はiTunesのコントロールメニューで「iPod取り出す」を使うよう勧告していた。

 キヤノン製デジタルカメラの問題は、EOS-1DとEOS-1Dsが影響を受ける。Windows VistaのWindowsフォトギャラリーまたはWindows Explorerで、RAWイメージフォーマットを使った画像ファイルのメタデータを編集すると、ファイルが破損して復元できなくなり、画像が完全に失われる可能性があった。この問題には更新プログラム(KB932988)で対処している。

 このほかにも、Windows Mailで迷惑メールやフィッシングメールを検出するための定義ファイル更新プログラム(KB905866)などが、同日リリースされた。
(2007.3.28/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-28 17:04 | インターネット総合  

<< グーグル、モバイル検索サービスを刷新 iTunesのコンテンツをテレ... >>