iTunesのコンテンツをテレビで楽しめる「Apple TV」、アップルが魅力をデモ




 アップルジャパンは3月26日、動画や音楽、写真などを家庭のテレビで楽しめるメディアプレーヤー「Apple TV」の報道関係向け説明会を開催した。同社の服部浩プロダクトマーケティングディレクターをはじめ3名が出席。リビングルーム風のデモルームにワイヤレス環境を構築し、Apple TVとiTunesをインストールしたMacBook、Windows PCを使ってデモンストレーションを行った。



 「Apple TV」は、同社の携帯オーディオ「iPod」とセットで利用することの多い音楽や動画の管理ソフト「iTunes」内のコンテンツを、テレビでも楽しめるようにする新ジャンルの製品。テレビとはHDMI端子などで接続し、「iTunes」をインストールしたMacやWindows PCから「Apple TV」に無線か有線のLANでコンテンツを転送して再生。付属の簡単リモコン「Apple Remote」を使って操作する。

 再生方法は2通りで、オートシンク(自動同期)を設定したパソコン内のデータを「Apple TV」のHDDにいったんコピーし、そのデータを再生する方法と、ネットワーク経由でコンピュータ内のデータを直接ストリーミングする方法がある。操作感はどちらも同じだが、ストリーミングでは、最大5台のコンピュータを接続し、切り替えて利用できる。

 ただし、無線LANでビデオストリーミングを利用する際にはIEEE802.11n/gの高速環境が必要になる。このほか無線LANは、IEEE802.11bにも対応しており、異なる無線LAN規格やOSが混在した状態でも利用できる。

 同社では、40GBの内蔵HDDをあくまで「コンテンツをキャッシュするため」(服部ディレクター)と強調。コンテンツを外に持ち出すiPodに対して「Apple TV」は、ためこんださまざまなデータをリビングのワイドテレビで楽しめるもの、と説明した。
(2007.3.28/BCN)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-28 14:44 | 周辺機器  

<< Windows Vistaのア... 占い付きSNSとして『ココロ・... >>