ソースネクストが「筆王」取得 今秋から販売




 ソースネクストは3月26日、はがきソフト「筆王」のプログラム著作権と商標権をイーフロンティアから取得したと発表した。今秋からソースネクストブランドで販売し、2007年度に売り上げ約8.5億円を見込む。

 筆王は、昨年の同ソフト市場でトップシェア(43.3%、BCN調査)の「筆まめ」(クレオ)に次ぐ2位(31.2%)。ソースネクストの「宛名職人」は、シェア4.1%で4位にとどまっていた。ソースネクストによると同ソフト市場の販売金額規模は25億円で、筆王の取得でシェア拡大を図っていく。

 ソースネクストは他社ソフトを安価に販売する手法を展開してきたが、今後は自社で著作権を持つ製品を拡大していく。
(2007.3.26/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-27 00:15 | PC  

<< LEGO社純正の3Dレゴブロッ... PS3が欧州で発売、日米に比べ... >>