Mac OS X「Leopard」が10月まで発売延期のうわさ--海外メディア報道




 Appleの次期OSであるMac OS X「Leopard」の出荷が2007年10月にずれ込む、とDigitimesが報じている。Appleが「Windows Vista」との互換性を確保する作業を進めているためだという。

 真偽は不明だが、この 報道 によると、Leopardには「Boot Camp」を搭載することから、AppleではMacユーザーが同一マシンでVistaとLeopardの両OSを確実に動作できるようにしたいのだという。現在ベータテスト中のBoot Campを利用することで、Intelチップ搭載のMacで「Windows XP」を動かすことができる。Appleは、Boot Campの最終版をLeopardに搭載することを計画している。

 「iTunes」など、ほかの人気アプリケーションは、今もまだVistaと完全な互換性を確保できていない。VistaではNvidiaなどのサードパーティー製ドライバが適切に動作しない問題も 報告 されている。しかし、Vistaを利用しているPCユーザーはまだ一部に限られており、Appleが同OSとの互換性を確保するためにLeopardのリリースを本当に延期するのだろうか。

 Appleは、Leopardを2007年春に出荷する見通しであることを明かしている。発売されるとすれば、Appleが6月に開催するWorldwide Developer Conference(WWDC)あたりまでということになる。
(2007.3.26/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-26 15:07 | PC  

<< PS3が欧州で発売、日米に比べ... Firefoxのセキュリティア... >>