【スピード速報】平日のアップ速度は3時がピーク、休日は時間帯での差が小さいが午後5時が最遅

【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は40万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。

 今回は2007年3月6日~12日の全測定データを用いて、平日と土日に分けて、時間帯別の平均アップロード速度を算出した。なお今回は、通常「回線速度」として用いられることが多い「ダウンロード速度」ではなく、ネットワークへの発信速度である「アップロード速度」を集計している。

 図を見ての通り、平日のアップロード速度は時間帯による差が大きい。最速は3時台で22.2Mbpsに達しており、最遅である23時台(13.2Mbps)の1.7倍近くもある。
 これに対して、土日では時間帯による差が小さく、最速が平日より2時間遅い5時台の17.6Mbps、最遅は17時台と平日より大幅に早く12.8Mbpsとなった。

 連続した時間帯の差で見ると、夜間から早朝(20時~6時)については、平日が土日を上回っており、特に平日の最速である3時台では、1.3倍もの差がついている。「休日には夜更かし」というインターネット利用者の生活パターンが垣間見える数字ではなかろうか。

 これに対して、平日午前のビジネスタイムにあたる9時台から13時台の間においては、土日が平日を上回っている。そして、興味深いことに、9時台と13時台では平日と土日のアップロード速度がほぼ等しいことがわかった。昨年11月の既報「アップ・ダウンとも最速は4時、最遅は13時、夜は分散傾向へ」では、13時台にアップロードの集中によると思われるスピードダウンが見られたが、今回は見られない。昼間においても分散傾向が出てきたのかもしれない。また、春休みや卒業時期にある学生さんたちのアクセスパターンが異なるなど、3月特有の傾向があることも考えられる。 (2007.3.20/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-20 21:40 | インターネット総合  

<< パルコ・シティ、仮想都市ゲーム... F1層は「ネット通販」「口コミ... >>