作者逮捕後も……中国で「お祈りパンダ」また出現



 感染マシンのアイコンをパンダの図柄に代えてしまうウイルス(中国名「熊猫焼香」)の新たな亜種が出現し、中国でサイバー犯罪を取り締まる法律の必要性を訴える声が強まっている。中国からの報道として、ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labが伝えた。


 パンダウイルスは2006年後半に複数の亜種が出回って猛威を振るい、中国全土で何百万台ものコンピュータに感染した。HDDのファイルを削除し、オンラインゲームのアカウントやパスワードといった個人情報を盗み出す機能を持つ。

 中国湖北省の警察は2月、パンダウイルスを作成、配布した疑いでリ・ジュン容疑者(25)を逮捕。同容疑者の手によるウイルス削除ツールをリリース予定だとも伝えられていた。

 しかし、これまでの亜種と同様の破壊的機能を持った新しいバージョンがこのほど出現し、中国で再び感染を拡大する恐れがあるという。

 こうしたマルウェアの脅威が深刻化している事態を受け、中国全人代ではサイバー犯罪対策法の必要性が公に宣言されたという。中国で使われている全マシンのうち、2005年にウイルスに感染したマシンは80%に上るという統計も示されたと伝えられている。
(2007.3.16/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-16 17:29 | インターネット総合  

<< 「コミュニケーションからコミュ... 小学生の約3割が携帯を所有。中... >>