TBS、「格闘技」番組中で架空のネット掲示板紹介




 TBS系で12日に放送された「総合格闘技HERO’S2007開幕戦」の中で紹介したインターネットの掲示板が、実際には担当ディレクターが記憶を基に作成した架空の映像だったことが14日、わかった。

 問題となったのは、インターネットの「2ちゃんねる」の掲示板に酷似した掲示板映像。試合に出場した桜庭和志選手を紹介する際、昨年大みそかに行われた「秋山成勲―桜庭和志戦」がネットの掲示板で大きな話題になったことに触れ、「もう一度、夢を見させてほしいな」などの書き込みがある掲示板映像を流した。

 TBSによると、放送前にディレクターがネットで掲示板の書き込みを探したが、書き込みが見当たらなかったため、記憶をたどって掲示板の内容を再現し、映像を作成。その際、再現映像であることを示す説明はしなかった。
(2007.3.14/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-15 10:03 | インターネット総合  

<< 最も危険なドメインは「.ro」... Mac OS X 10.4.9... >>