H.264対応の“2.0”Xacti、発進





 三洋電機は3月13日、デジタルビデオカメラ“Xacti”の新製品「DMX-CG65」を4月下旬より販売すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は5万円前後。



 小型・軽量なビデオカメラ“Xacti”シリーズの新製品。新開発の映像処理LSI「ピュアフォーカスエンジンIII」を搭載することで、シリーズとしては初めてMPEG-4/H.264での記録に対応した。MPEG-4/H.264の利用により、従来製品と同等の画質を確保しながらデータ量を低減することが可能となったため、同社ではブログや動画サイトへの情報発信ツールとして新製品を提案する。

 用意されている動画モードはTV-SHQ/TV-HQ/Web-SHQ/Web-HQの4種類で、DMX-HD2のようなハイビジョン録画には対応せず、あくまでも「日常のスナップツール」(同社)としてのスタンスを明確に打ち出している。オーディオはMPEG-4 AAC(48kHz/16bit ステレオ)で記録され、生成されるファイルの拡張子は.MP4となる。

(2007.3.13/+D LifeStyle)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-14 00:21 | インターネット総合  

<< 「ネットは遊び場」――「字幕.... モバゲータウン、400万会員突... >>