auの「W31T」「W32T」「W41T」「W43T」「neon」でEメール添付ができない問題を修正






 KDDIは3月13日、東芝製WIN端末「W31T」「W32T」「W41T」「W43T」「neon」で確認された、「Eメール添付」に関する問題を修正するソフトウェア更新を開始した。



 前述の各機種では、Eメール添付や、外部メモリへのコピーや移動が可能な著作権のないデータを、データフォルダのサブメニューから「Eメール添付」しようとしてもできない場合がある。ケータイアップデートを利用して、本日開始したソフト更新を実行すれば修正される。また、端末をより快適に利用するための改善も含まれているという。

 アップデートにかかる時間は最大で5分程度だが、電波状態などにより若干長くなる場合もある。ケータイアップデートに情報料やパケット通信料は必要ない。
(2007.3.13/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-14 00:18 | 周辺機器  

<< モバゲータウン、400万会員突... ドメイン名紛争、世界で累計1万... >>