「ネットは遊び場」――「字幕.in」を1人で作る25歳・無職

ITmediaニュース



 YouTubeの動画に字幕を付けられる「字幕.in」、mixiやGREEなど人気SNSの会員数をリアルタイムで算出する「SNS統計ページ」、2ちゃんねる風掲示板サービス「2ちゃんねる2」――リリースのたびにネットを騒がせたこれらのサービスは、矢野さとるさん(25)が、個人で作ったものだ。



 矢野さんは、サービスポータル「satoru.net」の管理人で、個人で運営するサービスは50以上。合計ページビューは1日500万にも上る。

 これだけのサービスを運営している矢野さんは、会社員でもなく、個人事業主でもない。「職業欄に『無職』と堂々と書いています」。一部サービスに広告をはっており、そこから上がる広告収益だけで何とか食べていっている。

 19歳で地元・福岡に就職し、21歳で上京。ヤフー、ライブドアなどネット企業を渡り歩いた後、昨年末、無職になった。組織に縛られず、好きなサービスだけを作っていける今の環境が、結構気に入っている。

 「Webに出合ってなかったら、何してただろう……。今の時代に生きてなかったら、本当、ヤバかったと思いますよ」

 学生時代は悶々と過ごした。「数学で2点とか取ってた。本も読まないので語彙も少なく、日本語もまともにしゃべれなかったほど。まるで“のび太”です」

 高校のころWebに出合い、サイト構築にのめり込んだ。受験勉強もせず、ひたすらHTMLをいじっていたら、大学受験に失敗。予備校に通ったが、予備校から追放されてしまう。追放の原因も、Webサイトを作ったことだった。
(2007.3.13/ITmedia)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-14 00:21 | インターネット総合  

<< エイサー、競合PCメーカーの買... H.264対応の“2.0”Xa... >>