ドメイン名紛争、世界で累計1万件超…99年末から



世界知的所有権機関(WIPO)は12日、企業などのインターネット上の登録名である「ドメイン名」をめぐる国際的な紛争が、1999年末から昨年末までの累計で1万177件に達したと発表した。

 紛争全体の約97%は解決に至り、84%はドメイン名の不正使用を訴えた原告が勝訴した。2006年単年の紛争件数は、前年を約15%上回る1823件で、過去最高にのぼった。

 2006年には、スイス・ロシュ社のインフルエンザ治療薬「タミフル」をめぐる案件も発生。「タミフル.net」「タミフル―ワクチン.com」など、ロシュ社のホームページと紛らわしいドメイン名64に対し、同社が「不正使用」と訴え出て勝訴を勝ち取った。
(2007.3.13/ 読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-14 00:07 | インターネット総合  

<< auの「W31T」「W32T」... ネット総利用時間 ヤフー、6年... >>