ネット総利用時間 ヤフー、6年で24倍


 インターネット視聴率調査のネットレイティングス(東京・渋谷、萩原雅之社長)は12日、ネット利用人口と1人当たりの利用時間を掛け合わせた日本国内のネット月間総利用時間が、2000年4月から06年4月までの6年間で12倍になったと発表した。特にヤフーの総利用時間は24倍になり、最大手と2位以下の差が拡大していることが分かった。

 月間総利用時間は1カ月間に家庭のパソコンからホームページを一度でも利用した人数である「ネット利用人口」と、1人当たりの「平均利用時間」を掛け合わせたもの。00年4月のネット人口は853万人、平均利用時間が6時間54分で、総利用時間は5884万時間。06年4月にはネット人口が4.8倍の4114万人、利用時間は2.5倍の17時間28分まで増え、総利用時間は7億1856万時間になった。(2007.3.13/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-13 11:50 | インターネット総合  

<< ドメイン名紛争、世界で累計1万... オリンパスイメージング、最小最... >>