NTTドコモ、第3世代携帯電話の通信不具合がほぼ復旧

 NTTドコモ<9437.T>は、9日午前6時ごろから関東甲信越地方でつながりにくくなっていた第3世代携帯電話「FOMA」の通信状況が午後5時にほぼ復旧したと発表した。ドコモは、端末と交換機の間の信号を制御する装置のソフトに不具合があったためとみているが、詳細な原因は調査中だという。
(2007.3.9/ロイター)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-09 20:24 | 周辺機器  

<< 夏時間繰り上げに配慮? Mic... オンラインショッピング利用者 ... >>