SCE、PS3向け3Dアバターコミュニティ「Home」を発表。07年秋に開始予定






 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、プレイステーション 3(PS3)向けの3Dオンラインコミュニティ「Home」の提供を2007年秋から順次開始すると発表した。専用ソフトウェアのダウンロードは無料。

 Homeは、米国・サンフランシスコで行なわれているゲーム開発者向けのカンファレンス「Game Developers Conference 2007(GDC 2007)」で、概要およびデモンストレーションが公開されたもの。PS3の販売地域向けに2007年秋から順次提供を開始するほか、2007年春には対象者を限定したベータテストも予定しているという。

 同サービスは、PS3のオンラインサービス「PLAYSTATION Network」で提供される3Dアバターを利用したオンラインコミュニティ。PLAYSTATION Storeから無料でダウンロードし、XMB(クロスメディアバー)から直接起動することで利用できる。

 世界各地のPS3ユーザーとリアルタイムコミュニケーションが行なえ、オンラインショッピングやオンラインゲームを用意。また、アバターはユーザーごとにカスタマイズが可能で、感情を表現できるジェスチャー機能なども備えている。

 ユーザーごとに用意されるプライベートスペースも、家具や美術品を設置するなどのカスタマイズに対応。PS3のHDDに保存した画像や動画についても、他ユーザーに公開できるという。

 また、「Hall of Fame(名誉殿堂)」と呼ばれるスペースでは、PS3のゲームを通じて獲得した3Dトロフィーやリアルタイムスコアランキングなどを確認できる。SCEによれば、“厳かな雰囲気の中でみることができる部屋”だといい、ゲームを一層楽しめる仕掛けも用意するとしている。

 SCEでは、発売を予定しているPS3向けゲームとともに、広範なビジネスパートナーにHomeへ参加してもらうことで、新たなエンタテインメントの世界を拡大するとしている。
(2007.3.8/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-08 19:10 | インターネット総合  

<< ウィルコムが「W-OAM ty... 「livedoor ダウンロー... >>