名前を書いたらどうなる!? リュークのリンゴ付き「デスノートパソコン」







異例の前後編映画が大ヒットし、アニメ版や映画のスピンアウト企画などまだまだ人気の続く『デスノート』に、オリジナルデザインのノートパソコンが登場。その名も「デスノートパソコン」です。

全世界完全限定の30台で、もちろんシリアルナンバー入り。死神リュークの大好物であるリンゴをモチーフにしたUSBメモリもついてくると、かなり凝ったつくりです。

OSもWindows Vistaを搭載し、Felicaポートも内蔵するなど機能も十分。「我こそはデスノートファン」という人は、ぜひケースに入れず見せびらかしながら持ち歩いて下さい。

でも、一番最初にセットアップするとき、自分の名前を入力するのはちょっと怖いですよね……。

気になるお値段は、20万円
(2007.3.7/ ギズモード・ジャパン)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-08 00:47 | PC  

<< 米アマゾン、テレビ向け映像配信... 世界のネット人口、1年で1割増加 >>