中国政府、インターネットカフェの新規出店を禁止



新華社は6日、中国政府が国内でのインターネットカフェの新規出店を禁止したと報じた。
 それによると、文化省など14の政府機関は合同で、2007年に新たなインターネットカフェの開店を認可しないよう地方政府に通達を出した。すでに出店許可を得ている分については、6月30日までの開店を義務付けている。
 新華社が情報産業省の統計として伝えたところでは、中国国内のインターネットカフェの店舗数は現在11万3000店。
 今週から開かれている中国全国人民代表大会(全人代)では、未成年者犯罪の温床と国内で指摘されることも多いインターネットカフェについて、より厳しい規制の導入を求める声が挙がっていた。
(2007.3.7/ロイター)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-07 20:05 | インターネット総合  

<< 「字幕.in」も独自の動画投稿... KONAMI、「ときめきメモリ... >>