KONAMI、「ときめきメモリアルONLINE」7月31日でサービス終了




 株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、現在サービス中のネットワークコミュニティゲーム「ときめきメモリアルONLINE」のサービスを7月31日23時59分で終了すると発表した。

 「ときめきメモリアルONLINE」は、コナミのオリジナルコンテンツとしては、はじめてのMMO型タイトルとして制作され、2006年3月23日から正式サービスが開始された。MMO型タイトルとしてはRPGが多い中、戦闘などのないコミュニケーションを取ることを中心に設計されたこれまでにないタイトルだったが、今回サービスの中止が決定した。

 今後は、6月27日に「レジストレーションコード」の販売を終了し、同日16時から無料サービス期間となる。無料サービス期間の詳細については今後、公式ホームページにおいて発表されていく。ちなみにこの無料サービス期間の間はβテスト時のレジストレーションコードでもプレイが可能となる(ただし、「学校」の登録人数の上限に達した場合は、登録できなくなる)。課金期間と無料期間が重なった場合、利用料金の返金は行なわれない。

 同社ではサービス終了時まで、各種要素の追加やイベントの開催を行なっていくとしている。
(2007.3.7/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-07 20:03 | インターネット総合  

<< 中国政府、インターネットカフェ... ソニー、「ウォークマン A」に... >>