NTT東西、次世代ネットに300億円


 NTT東西地域会社は2007年度に、両社合計で300億円を投じて次世代ネットワーク(NGN)の商用設備を導入する。NGNはIP(インターネットプロトコル)技術を活用した大容量・高品質の通信基幹網で、現在実証実験を実施している。電話局などに専用設備を設置して08年初めにも大都市を中心に商用サービスを始める。

 NGNは利用者に対し、通信速度を保証したりセキュリティー機能を大幅に高めたりできるのが特徴。ハイビジョン映像によるテレビ会議や、高音質IP電話などが利用できる。NTTは従来の電話網をNGNに順次切り替えていく考え。料金体系やサービスメニューを今後詰めたうえで、来年初めにも首都圏や大阪など一部地域からサービスを始める計画だ。
(2007.3.4/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-04 10:17 | インターネット総合  

<< イースト、ウィキペディア検索な... 携帯各社 有害サイト対策強化 >>