アドビ、「Photoshop」をウェブアプリ化へ--無償版として提供予定




 Adobe Systemsが、Googleなどの競合各社を追従すべく、人気の高い画像編集アプリケーション「Photoshop」のウェブアプリ版を6カ月以内にリリースする計画を進めている。同社最高経営責任者(CEO)Bruce Chizen氏が米国時間2月27日に明らかにした。

 これは、広告入りのオンラインサービスを投入して既存製品を補完し、コンシューマー市場におけるシェア拡大を目指す大規模な措置の一環だと、Chizen氏はCNET News.comに語っている。

 Chizen氏によると、メディア共有サイト「PhotoBucket」で提供されるウェブベースのビデオ編集ツール「Adobe Remix」とともにウェブアプリ版Photoshopの土台をAdobeでは築いていたという。

 Adobe Remix同様、ウェブアプリ版のPhotoshopは、通常のPhotoshopや「Photoshop Elements」など、同社のより洗練された画像編集ツールの無償入門版として提供される。Chizen氏は、Photoshopサービスではネット広告で収益を得る考えだという。

 「これは(Adobeにとって)新しいことだ。Googleなどがほかの分野で実現しているのを目の当たりにし、自分たちが得意とする分野では他社に先行したいとの思いがあるため、敏感になっている部分だ」とChizen氏は語っている。

 Chizen氏は、Adobe Remixとウェブアプリ版Photoshopを、製品構成にホスティングサービスを組み入れるための大規模な措置の一環だと説明した。

 Microsoftと同様、AdobeのビジネスもユーザーのPCにローカルにインストールされるパッケージソフトウェアが中心になっている。同様に、オンラインサービスによるAdobeのビジネス多角化計画は、ソフトウェアとサービスを組み合わせて投入するMicrosoftの大規模な取り組みを反映したものともなっている。

 オンラインアプリケーションの機能が充実するなか、Adobeは製品ポートフォリオでWebサービスが補完できる分野を探していると、Chizen氏は語っている。
(2007.3.1/ CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-01 19:02 | インターネット総合  

<< 家中どこでも音楽と一緒――パイ... OL 向けフリーマガジン「L2... >>