ソニー、デジカメ「サイバーショット」に新ラインアップなど――全機種で手ブレ補正とISO3,200の高感度撮影





 ソニーは28日、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」シリーズに、新たに「DSC-T100」「DSC-T20」「DSC-W80」「DSC-H7」の4機種を追加した。また、DSC-W80同梱のプリンタキット「DSC-W80HDPR」も同時に発表された。
 
 今回発表されたラインアップは、すべての機種で光学手ブレ補正と高感度ISO3,200での撮影に対応。被写体の顔の位置を検出するソニー独自の機能「顔キメ」搭載で、同時に8人までの顔を検出し、自動でピントやホワイトバランス、フラッシュの光量などを調整できる。また、被写体が動いている場合でも、顔を自動追尾してピントを合わせてくれる。画像処理エンジンとして、同社のデジタル一眼レフカメラ「α100」に採用されている「BIONZ(ビオンズ)」を、サイバーショット用に新たに開発している。また、別売りのHD出力アダプターケーブルなどを使えば、1,920×1,080のハイビジョン画質でテレビなどに静止画や、音声データつきの画像「音フォト」を出力できる。

●DSC-T100
 光学5倍ズーム、有効810万画素の縦型デザインモデル。液晶は23万画素3.0型TFTを採用。起動時間は約1.5秒、最大画像撮影時での撮影間隔は約1.3秒。開放F値はF3.5~4.4。バッテリーフル充電の状態で、約340枚の撮影が可能だという(CIPA規格)。
 
 本体サイズは幅91.8×高さ59.2×奥行き22.3mm、重さは約141g(本体のみ)で、カラーはシルバー/ブラック/レッドがある。発売は3月9日、価格はオープンで、予想実売価格は50,000円前後。

●DSC-T20
 有効810万画素、光学3倍ズームを搭載するモデル。約1cmまでの接写が可能な拡大鏡モードに対応している。起動時間は約1.3秒、最大画像撮影時での撮影間隔は約1.3秒。開放F値はF3.5~4.3。バッテリーフル充電の状態で、約380枚の撮影が可能(CIPA規格)。
(2007.2.28/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-28 17:40 | 周辺機器  

<< ドコモ、N902iXのフルブラ... ニコニコ動画の一時休止で、「字... >>