携帯向けブラウザ「Opera Mini 3.1」リリース




 Opera Softwareは2月21日、携帯機器向けブラウザ「Opera Mini」の新版をリリースした。

 新版のOpera Mini 3.1は、新機能としてRSSフィード管理機能が追加された。対応機器も拡大し、ネットワーク接続や高画質画像を利用する際のメモリ処理が改善された。

 メニューバーのテキストの重なりやお気に入りアイコンの配列の問題なども解決されており、そのほか特定の端末に特有のさまざまな問題が修正された。

 Opera Mini 3.1はOperaのサイトからダウンロードできる。
(2007.2.23/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-23 23:34 | インターネット総合  

<< 「Google Apps」有料... B・ゲイツ氏:「娘のコンピュー... >>