Q&A サイトが急成長、「Yahoo! 知恵袋」の利用者は1年で3倍に――ネットレイティングス調べ



ユーザー参加型の Q&A サイトが急成長している。
ネットレイティングス が22日に発表した2007年1月度のインターネット利用動向調査によれば、国内の代表的なサイト「 教えて!goo 」と「 Yahoo!知恵袋 」ともに、月間の利用者が初めて400万人を超えたという。

Q&A サイトはこれまで「Web2.0 の特徴が生かされた仕組みでありながら、Blog、SNS、口コミサイトなどに比べて注目度が高くなかった」(ネットレイティングス代表取締役社長 萩原雅之氏)が、この1年で人気サービスとして定着したようだ。

「教えて! goo」の月間利用者は2006年1月の229万人から428万人(前年同月比187%)に、「Yahoo! 知恵袋」も2006年1月の156万人から477万人(同306%)へと急上昇している。両サイトが利用者数を順調に増やすなか、3倍増となったヤフーが goo を逆転した。

ユーザー参加型 Q&A サイトの傾向として、利用者比率では男性が高く、PV 比率では逆に女性が高いという特徴があるという。「教えて! goo」の場合、女性の利用者は41%だが総 PV の63%は女性によるもの。「Yahoo! 知恵袋」でも、女性の利用者比率は38%にとどまるが、PV で65%を占めている。Q&A サイトでは、女性ユーザー1人あたりの利用ページ数が男性よりも多いことがわかる。

また、PV の年齢別構成でヤフーと goo を比較すると、「Yahoo! 知恵袋」は20歳代のシェアが比較的高いのに対し、「教えて! goo」は30歳代、40歳代の利用も高いという。

ネットレイティングスの萩原雅之は Q&A サイトの今後について、「データベースが増加し、コンテンツ連動広告などが導入され、さらに利便性が増していくと見られる。それに伴い、ビジネスとしても高い成長が見込めるジャンル」と話す。

(2007.2.22/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-22 18:46 | インターネット総合  

<< 4キャリア対応にした携帯電話用... KDDI、au携帯電話の迷惑メ... >>