ネット広告費30%増、雑誌に迫る3630億円 電通発表




 電通が20日発表した「平成18年の日本の広告費」によると、景気回復やトリノ五輪、サッカーW杯効果などから、総広告費(推定)は前年比0・6%増の5兆9954億円と3年連続で増加した。うちインターネット広告費は、29・3%増の3630億円と前年(54・8%増)に続く高い伸びを示し、雑誌(3887億円)に迫った。

 ネット広告は、ブロードバンド(高速大容量)通信の普及に伴い16年にラジオを抜いたばかり。9年は約60億円だったが、この10年間で60倍に拡大。電通は19年には、ネットが雑誌を上回りテレビ、新聞に次ぐ規模になると予想している。

 一方、新聞、テレビなどマスコミ向け広告費は2年連続で減少。新聞広告は昭和62年以来19年ぶりに1兆円を下回った。

 ネット広告費の内訳では、携帯電話向けのモバイル広告が35・4%増の390億円。検索サイトの検索結果に連動した検索連動広告は57・6%増の930億円と急増した。
(2007.2.21/産経新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-21 13:37 | インターネット総合  

<< HP増益、全部門で増収 マイクロソフト、自動更新機能に... >>