シャープ、フルHD倍速駆動パネルを搭載したフラグシップAQUOS「R」





 シャープは2月20日、液晶テレビ「AQUOS」の新商品群を3月10日より順次販売開始すると発表した。フラグシップとなる「R」シリーズと、パーソナル向けを狙う「D」シリーズが用意され、価格はいずれもオープン。

 Rシリーズはいずれも従来比の倍となる120MHz駆動の倍速駆動パネル「倍速ASV液晶パネル」を搭載。既存製品では1秒間に60枚の映像で描写される動画に対し、中間映像を生成、補正するアルゴリズムを搭載することで、残像感の減少させ、動きの速い映像も鮮明に映し出す。

 中間映像を生成することによって残像感を減少させる技術は、日本ビクターらが先行しており、年頭のInternational CESでも液晶テレビメーカー各社が導入を発表していた。同社も北米向けモデルに同技術を実装、既に出荷を開始している。新製品についてシャープでは「業界で初めてフルHDパネルに倍速駆動技術を導入、製品化した」と胸をはる。

 Rシリーズの製品ラインアップは以下の通り。大画面化の要求に応え、最大サイズは65V型となった。サイドスピーカータイプは用意されず、全モデルアンダースピーカーとなっている。パネル解像度はもちろん、いずれもフルHD(1920×1080)だ。

 コントラスト比は従来比50%アップとなる暗室コントラスト3000:1を実現(既存モデル 「LC-52GX1W」は2000:1)したほか、深みのある“紅”を表現する4波長バックライトや、上下左右176度の広視野角と中間色の鮮明な表現を実現するマルチ画素といった、既存モデルに投入されている技術はすべて踏襲されている。
(2007.2.20/+D LifeStyle)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-20 19:20 | 周辺機器  

<< 2006年はSNSサイトが広く... 中国で「あけおめ」メール大流行... >>