「ネットに犯罪の恐れ」4割、治安悪化8割強・内閣府世論調査


 内閣府が17日発表した「治安に関する世論調査」によると、犯罪に遭う恐れがあると感じる場所(複数回答)に「インターネット空間」を挙げる人が2004年の前回調査から21.0ポイント増え40.1%に上った。ネットオークションを利用した詐欺やネットを介した情報流出などに国民の不安が高まっている実態が浮かび上がった。トップは「路上」(60.2%)、ついで「繁華街」(44.7%)だった。

 調査は06年12月、全国の成人3000人を対象に実施した。回収率は59.8%。

 不安になる犯罪(同)では「空き巣」(53.1%)や「すり、ひったくり」(50.0%)が上位だった。最近の事件の多発を映して「飲酒運転によるひき逃げなど交通法令違反」(19.4ポイント増の49.9%)や「振り込め詐欺、悪質商法など」(13.0ポイント増の41.4%)、「インターネットを利用した犯罪」(15.7ポイント増の39.9%)の3項目が大幅に増えた。これらは「取り締まりに力を入れてほしい犯罪」でも前回より大きく伸びた。

 日本の治安が過去10年間で「悪くなった」と答えた人は84.3%で、前回調査より2.3ポイント減ったものの依然として高水準。「日本は治安が良く安心して暮らせる国か」との設問への回答も「そう思わない」が52.5%に達した。(2007.2.18/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-18 12:45 | インターネット総合  

<< PCから携帯、そしてゲーム機へ... ソフトバンク、携帯電話端末実質... >>