ケータイの迷惑メールは過去のもの? 4人に3人は「届いていない」




パソコンのメールではまだまだ猛威を振るう迷惑メールは、サーバー処理の負荷も 増大 させているようだ。しかし、一時期ユーザーを苦しめていた携帯電話の迷惑メールは、ほとんど話題にも上らないほどに激減している。

インターネットコム株式会社 と JR東海エクスプレスリサーチ が「携帯電話の迷惑メールに関する調査」を行ったところ、迷惑メールが「届いていない」というユーザーが、 昨年の調査 よりもさらに増加しているという結果が得られた。

調査対象は、20代から60代までの男女330人。男女比は男性48.2%、女性51.8%、年齢別は、20代26.7%、30代40.6%、40代25.2%、50代5.5%、60代2.1%。地域別は、北海道0.3%、東北1.8%、関東37.6%、甲信越0.0%、東海30.9%、北陸1.2%、近畿23.0%、中国1.8%、四国1.2%、九州沖縄2.1%。

(2007.2.16/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-17 01:24 | インターネット総合  

<< ソフトバンク、携帯電話端末実質... 「MSと競争したい」--ノベル... >>