Apple、4件の脆弱性を修正する「Security Update 2007-002」公開




 米Appleは15日、Mac OS Xの4件の脆弱性を修正する「Security Update 2007-002」を公開した。対象OSはMac OS X 10.4.8および10.3.9。OSのソフトウェア・アップデート機能を利用するか、Appleのサイトから修正プログラムのダウンロードが可能となっている。

 Security Update 2007-002では、Finderのボリューム名の取り扱いにバッファオーバーフローの問題が存在し、ディスクイメージをマウントする際に任意のコードが実行されてしまう脆弱性を修正。このほか、iChat関連2件、UserNotification関連1件の合計4件の脆弱性を修正する。

 これらの脆弱性はいずれも、Apple製品のバグを1月中に毎日公開するとしてきたプロジェクト「the Month of Apple Bugs」で公表されていた。
(2007.2.16/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-17 01:16 | インターネット総合  

<< 『チョイオタ』がオタかっこいい... ドコモ、携帯端末最大1万円値引... >>