米ヤフー子会社、地域限定して検索連動型広告


 米ヤフー子会社で検索連動型広告のオーバーチュア(東京・港、ジェームス・キム社長)は6月までにシステムを刷新し、関東地方、東京都など利用者の地域を限定して広告を出せるようにする。使い勝手の面で先行していたグーグルに対抗、シェア拡大を目指す。

 米ヤフーが昨年末に導入した新システムを日本でも導入、広告の表示方法も改める。従来は高い料金を支払えばより広告効果の高い検索結果画面の上位に表示されたが、広告がクリックされた回数が多ければ少ない料金でも掲載順位が上がる仕組みとなり、低予算でも高い効果を見込めるという。(2007.2.15/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-15 09:31 | インターネット総合  

<< 専門家が答える無料Q&Aサイト... ネット競売に個人で大量出品、9... >>