ルネサス、ノキアと携帯電話分野の開発で協力


 ルネサステクノロジは携帯電話機世界最大手のフィンランドのノキアと携帯電話分野の開発で協力する。ノキアの携帯電話制御用ソフトが、ルネサスの半導体で稼働できるようにする。ルネサスは同分野の半導体では国内向けが中心だったが、開発協力でノキアへの納入を目指す。

 ノキアが世界各国の携帯電話向けに開発している「S60」というソフトを、ルネサスのシステムLSI(大規模集積回路)「SHモバイル」に対応できるようにする。ノキアは同分野のLSIでは米テキサス・インスツルメンツ(TI)の製品などを採用しており、国内半導体メーカーは納入実績がない(2007.2.12/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-12 10:24 | 周辺機器  

<< 携帯電話向けストリーミング動画... 米シスコ、SNSサイト開発会社を買収 >>