米シスコ、SNSサイト開発会社を買収


 ネットワーク機器最大手の米シスコシステムズは9日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)用ウェブサイトの開発会社、ファイブ・アクロス(カリフォルニア州)を買収すると発表した。通信システムの販売だけでなく、同システムを使ったサービスの分野にも進出し収益機会を広げる。

 ファイブ・アクロスは2003年設立のベンチャーで、社員は11人。自己紹介文や写真をネット上で共有し人脈づくりなどをするSNS用サイトを作るためのソフトを企業などに販売している。買収手続きは4月末までに終える。買収額は明らかにしていない。

 シスコはルーター(経路制御装置)など機器販売が好調だが、関連サービスを新たな収益源にすることを狙っている。SNSには専門会社が運営する大型サイトがあるほか、顧客や会員獲得のため一般企業が設ける例が増えているという。(2007.2.11/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-11 10:07 | インターネット総合  

<< ルネサス、ノキアと携帯電話分野... ミクシィコミュが開く サンタで... >>