エレクトロニック・アーツ、日本スタジオの閉鎖を計画--広報担当が認める



 Electronic Arts(EA)が3年間営業してきた日本スタジオをまもなく閉鎖する予定だ。ゲームタイトル「テーマパーク DS」の発売を控える日本スタジオでは現在もニンテンドーDS用のゲーム2タイトルを開発中だ。

 EAの広報担当は、日本スタジオがまもなく閉鎖されるという 1Up の報道が事実であることを認めた。理由は日本の開発体制を強化するためだという。「EA Partnersモデルに移行し、日本の外部の開発者と作業することに力を入れていく」と同広報担当は述べた。

 同スタジオは3年前に活動を開始した。テーマパーク DSは日本で3月15日に発売される予定だ。

 先のEAの広報担当によると、テーマパーク DSは予定通りにリリースされると述べ、「日本スタジオが手がけているDS向けの3つのゲームタイトル--テーマパーク DS、シムシティ DS、ドラゴン桜 DS--の開発は継続するため、これらのタイトルがなくなることはない。これらのタイトルはわれわれのリリース計画の中核的な存在だ」と付け加えた。

 日本のゲーマーにとって、テーマパーク DSやシムシティ DSは、他国のフランチャイズで人気を博したゲームをローカライズしたものであるのに対し、ドラゴン桜は、日本で放送された同名のテレビドラマや漫画を元にしたゲームで、日本にフォーカスしている。
(2007.2.9/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-09 20:13 | インターネット総合  

<< セガ、PS3用「バーチャスティ... タッチパネルでWebブラウズ可... >>