2月の月例パッチ、WindowsやOfficeの“緊急”含む12件




 米Microsoftは9日、日本時間の14日にリリースする予定のセキュリティ修正プログラム(パッチ)の事前情報を公開した。WindowsやOffice関連など合計12件のパッチをリリースする。パッチ適用後には、再起動を必要とするものがある。

 Windows関連のパッチは5件、Office関連のパッチは2件で、最大深刻度は4段階中で最も高い“緊急”となっている。また、WindowsとVisual Studioに影響があるパッチが1件、WindowsとOfficeに影響があるパッチが1件、Step-by-Step Interactive Trainingに影響があるパッチが1件で、いずれも深刻度は“重要”。

 このほか、“緊急”のパッチとして、Data Access Componentsに影響があるパッチを1件、Windows Live OneCare/Microsoft Antigen/Microsoft Windows Defender/Microsoft Forefront Security for Exchange Server/Microsoft Forefront Security for SharePointに影響があるパッチを1件リリースする予定だ。

 セキュリティ以外の優先度の高い更新プログラムもリリースする。Windows UpdateおよびSoftware Update Servicesで2件、Microsoft UpdateおよびWindows Server Update Servicesで8件リリースする。

 「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」もバージョンアップし、Windows Update、Microsoft Update、Windows Server Update Services、同社サイトのダウンロードセンターを通じて提供する。
(2007.2.9/ impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-09 20:11 | インターネット総合  

<< タッチパネルでWebブラウズ可... 米Yahoo!、マッシュアップ... >>