強まる「iTunes」再生互換性批判 欧州にアップル包囲網


 ■デジタル市場に戸惑い/競争法違反の結論出ず

 米アップルの音楽配信サービス「iTunes(アイチューンズ)ストア」からダウンロードした音楽が同社の携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」でしか再生できないことに、欧州各国の消費者団体が批判を強めている。デジタル音楽市場での競争を阻害し、違法ダウンロードを誘発する恐れがあるためだ。消費者団体は国際的な結束を強める一方で、欧州連合(EU)レベルでの対応にも期待をかけている。(2007.2.8/フジサンケイ ビジネスアイ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-08 15:09 | インターネット総合  

<< 若者のためのまったく新しい意見... 主要DNSサーバのトラフィック... >>