「偽トランセンド」USBメモリに注意






 トランセンドはこのほど、同社製USBメモリの模倣品がネットを通じて出回っているとして、ユーザーに注意を呼び掛けた。



 同社によると、模倣品は2Gバイトの「TS2GJF110」に非常によく似た外観。だが(1)シリアル番号が印刷されていない、(2)本体の色が違う、(3)「Transcend」ロゴの自体と容量の自体が本物と異なる、(4)つくりが全体的に粗悪で、バリがある──などの違いがあるという。また商品パッケージの表記に不自然な誤植があるという。

 模倣品は正常に使えない例も報告されており、同製品を購入する際は注意するよう呼び掛けている。
(2007.2.6/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-06 17:11 | 周辺機器  

<< Netscape、新ブラウザ「... 「リンゴ論争」が決着=英ビート... >>