「突然死」か「緩やかな死」か――アキバから姿を消していくPCショップ

Windows Vista深夜販売の翌日、“特需”に沸くアキバで「激安店」として名を馳せたPC-Successが突然の閉店。しかし周囲のショップは意外と冷静に事の成り行きを見つめていた。
“突然死”に「ひどいよね」の声――PC-Success騒動に関する街の反応

店舗の前には、物珍しさで告示書を眺めるギャラリーが数名集まっていた PC-Successが突然の閉店。同ショップを運営するサクセスが31日に破産手続きの開始を申し立てる方針を発表し、2日には東京地方裁判所によって決定がなされた。

 PC-Successの前には破産管財人の告示書が貼られており、終日数人の人だかりができていた。告示書を携帯電話のカメラで撮影していたある男性は「PC-Successで商品を買ったことはないけど、古くからの有名店なのでショックですね。こんなこともあるのかと驚いています」と話す。

 一般の利用者にとっては寝耳に水の出来事だが、アキバのPCパーツショップの間ではサクセスの経営が危険な状態にあることは有名だったようだ。

 あるショップは「2~3年前から、サクセスの経営はヤバいという噂は流れていました。自転車操業の状態が続いており、上向きに転じる好材料は何もなかった」と話す。PC-Successは価格comの価格比較で最安値を狙う薄利多売の方針をとっており、アキバでも“激安店”として名を馳せていた。ところが「年末頃から、価格comでPC-Successの名前が(安値の)上位にリストアップされなくなってきました。この時は、経営の方向転換かと思いましたが、せっぱ詰まっていたんでしょうね」(別のショップ)という。

 しかし、ある程度経営の状況を知っていたアキバのPCパーツショップも、今回のタイミングでの閉店については、予想できなかったという。ある店員さんは“突然死”と喩えた。

 「おそらく、トップの人間は計画を立てていたんでしょうが、こういう場合は店舗で働く人には何も知らせない。だから、PC-Successのスタッフと話しても、破産を危惧するような雰囲気はありませんでした。そこで突然の閉店です。一番驚いているのは、店舗スタッフかもしれません」という。実際、ショップレベルではPC-Successに同情を寄せるコメントも少なくない。

 「Windows Vista発売直後のタイミングは、狙っていたとしか言いようがないですね。Vista搭載マシンなどの受注をたくさんためて、商品を発送する前に破産を申請すれば、料金は手元に残るわけですから」(某ショップ)。また、サクセスのバックには大手代理店がおり、社名やトップを変えてすぐにでも再起できるという噂もある。

 一方、偶然にも同じタイミングで店を閉めることになったワンネスは、「ひどいですよね。ちゃんと閉店セールするなどして、正々堂々と終了しないと」と、ユーザーを裏切ったカタチで幕を降ろしたライバル店を非難する。

 なお、ワンネスは1月31日の閉店を予定していたが、店頭在庫が残っているため、売り尽くすまで営業を延長するという。最長で2月12日まで続けるとのことなので、アキバを訪れた際は(特に“給水所”のお世話になった人は)是非立ち寄ってほしい。今までありがとうございました。

街の再開発で、巨大な潮流に姿を消すPCショップ


 某ショップは「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba(再開発地区に立地)がオープンしてから、家族連れの人が増えました。ただ、自作PCに興味を示す人の数はそれほど増えていません。だから、経営は正直苦しい状況が続いていますね」と語る。

 2006年以降、閉店・移転したPCパーツショップの跡地には、メイド喫茶や中古DVDショップの入店が目立っており、新しいPCパーツショップの参入を見かけることは少なくなった。2006年6月に閉店した俺コンハウスの跡地は、まんだらけのビルが建つ。コムサテライト 3号店(2004年閉店)→ワンネスと、PCパーツショップが連続で入店していた中澤ビルでは、現在、中古ソフトの買い取り・販売店「買取りまっくす秋葉原店」が営業している。

アキバの老舗であるPCパーツショップ・CUSTOMは、こうした街の変遷を「時代の流れ」と割り切っている。

 「NECがPC/AT互換機に参入したころから、すでに自作ブームが終了するストーリーはできていたと思います、緩やかな死が始まっていた。PC98シリーズが全盛の頃は、メーカー製パソコンが非常に高価だったため、自分で安いPC/AT互換機パーツを組むと、かなり安くできました。100万円クラスのPC98に近い性能のマシンを30万円で作るとか。それから“自作は安くてお得”という印象がついて、一般層がPCパーツを買うようになった。でも現在は、コスト面において自作のメリットは無に等しい。完全に趣味の世界です。趣味として自作を楽しむ人だけが残っていくので、ショップの規模が縮小するのは自然の流れなのでしょう」。

 アキバの再開発は、その流れをほんの少し後押ししただけなのかもしれない。
「Vista好調に売れています。でも、Ultimate αが週末にも買えます!」
 30日0時に解禁となったWindows Vistaは、週末にかけても順調に売れているという。すべてのショップで一番人気にWindows Vista Ultimateが挙げられており、Home Premium、Business、Home Basicの順に続く。

 一方、32ビット版と64ビット版の売れ行き比率には、ショップの個性がよく反映されていた。ビギナー層にも人気の高いT-ZONE.PC DIY SHOPやTSUKUMO eX.は、32ビット版が64ビット版の3~4倍売れているという。一方、ヘビーユーザーが多く来店するUSER'S SIDE秋葉原本店では1:1の割合とのことだ。

 Vistaの登場によって、さっそくPCパーツ全体の売れ行きが向上したと語るショップが多かったのも印象深い。クレバリー1号店は「Vista登場前後で確実に、店全体の売れ行きが上がっています。特にエアロを快適に動かすため、グラフィックスカードを購入するユーザーが増えていますね」と話す。

 なお、全国で限定1万本の初回特典パッケージ「Windows Vista Ultimate α」が、深夜販売で売れ残ったことは既報のとおり。通常営業時に引き続き販売しているショップがいくつかあり、今週末でも入手できる可能性は高い。某ショップは「Vistaは好調に売れていますが、Ultimate αは潤沢に在庫しすぎましたね。ただ、週末なら地方から来る人も多いので、そいいった人にも提供できることは喜ばしいです!」と、プラス思考全開のコメントをしてくれた。


ASUSTeK「L1N64-SLI WS」 30日の深夜販売で一時的に出回ったQuad FX用マザーボード「L1N64-SLI WS」が、ごく少数ながら、引き続き複数のショップの店頭に並んでいる。価格は4万円台後半。L1N64-SLI WSはAthlon 64 FX-7xシリーズを搭載できるSocket FタイプのATXマザーで、PCI-Express x16スロットも4基搭載(うち2基はx8動作)するなど、豪華な構成となっている。

 年末頃には1月中旬に登場すると噂されたが「新しいプラットフォームだけに、検証に時間がかかったらしいです。これから潤沢に出回るようになるでしょう」(USER'S SIDE秋葉原本店)という。
先週登場したAthlon 64 X2 5600+と同じクロック数(2.8GHz)で、2次キャッシュを半分にした5400+も水曜日から出回るようになった。価格は6万2000から5000円で、在庫は潤沢だ。対応ソケットはSocket AM2。なお、同時期に入荷をアナウンスされた「6000+」に関しては、複数のショップが2月20日以降の発売を予定している。

グラフィックスカードでは、Radeon X1950シリーズの最下位「GT」を搭載した初のカード「X1950 GT 256M GDDR3 PCI-E DUAL DVI-I/TVO」が登場。価格は2万5000円前後で、少数出回っている。コアクロックは500MHzで、メモリクロックが1.2GHz。2万5000円前後のバリューゾーンで販売されるため「Vista特需で週末には売り切れる可能性もあります」(TSUKUMO eX.)とのこと。

最後は、16基のUSBポートを備えた異色のハブ「16ポートHub名人」。ブロック状の筐体の左右側面に8基のUSBコネクタを配置しており、電源ユニットを内蔵しているのが特徴だ。2台のPCに接続して、切り替えて利用する仕組みを採用している。9500円前後の価格から、高速電脳は「冬通に4ポートのUSBハブを4台買ったほうが安くなりそうです。全ポートに余裕で給電できる電源構造はうれしいね」と話す。在庫は潤沢だ。
(2007.2.3/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-03 20:16 | PC  

<< SNS「Pakila(パキラ)... 地デジ放送違法複製防止、ICカ... >>