DELL社長交代! 創業者であるMichael Dell氏が再びCEOに就任


 現地時間の1月31日、米国DELLは、Kevin Rollins氏を解任し、新しいCEOにDELLの創業者であるMicheal Dell氏が就任したと発表した。

 Dell氏は、1984年にPCを販社などを経由しない独特の販売方法の会社を設立し、低価格と工場直販という独自ブランドで業界のトップに登りつめていた。1992年には、フォーチュン500に掲載された企業で最も若い社長になったこともある。2004年に現在のKevin Rollins氏にCEOの座を譲り会長に退いたが、今回の発表により、Micheal Dell氏はCEO兼会長として同社の指揮をとることになる。

 Kevin Rollins氏はCEOおよび同社役員の職をすべて退くことになる。Dell氏は「Rollins氏はいまでもよきビジネスパートナーであり、過去10年の貢献はすらばらしいものがある。今後もさらなる成功を期待したい。」と述べている。また、取締役会の議長を務めたSamuel A. Nunn氏は、「役員一同は彼のビジョンとリーダーシップは、同社の長期的な市場戦略において非常に重要であると確信している。23年前に、新しい流通システムを構築した彼をおいて他に適任者はいない。」と述べている。
(2007.2.1/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-01 17:19 | PC  

<< 任天堂「Wii」のソフト、ゲー... 米グーグル、利益倍増…売上高初... >>