米グーグル、利益倍増…売上高初の100億ドル台



インターネット検索最大手の米グーグルが31日発表した2006年12月期決算は、純利益が30億7744万6000ドル(約3710億円)で、前年の2・1倍に増えた。

 売上高は1・7倍の106億491万7000ドル(約1兆2800億円)と、初めて100億ドルの大台に乗せた。

 ネット検索のキーワードに関連した広告を表示する「検索連動型広告」の収入が欧米やアジアで大幅に伸びた。ネット上の電子決済などの新サービスを相次いで開始したことも、増収増益に寄与した。

 米ネット検索2位のヤフーの12月期決算は、純利益が60・4%減の7億5139万1000ドルと、5年ぶりの減益だった。ネット業界の「2強」で明暗が分かれた形だ。
(2007.2.1/ 読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-01 17:18 | インターネット総合  

<< DELL社長交代! 創業者であ... オーバーチュアとNTTデータ、... >>