NTT西、内部統制ソリューションを拡販-日本版SOX法にらむ



 NTT西日本は内部統制支援ソリューションの販売に力を入れる。2月から有料研修を開始するほか、3月には内部統制の高度化を促す支援システムを販売。08年4月以降の会計年度から適用される金融商品取引法(日本版SOX法)に対する具体策を説明し、低コストで導入可能な支援システムを拡販する。同法適用まで1年強に迫った期間を商機に位置付け、手厚い顧客対応で販促につなげる。

 研修はNTTデータの子会社であるザカティーコンサルティング(東京都港区)と組む。2月26日から毎週開催のセミナー研修を計画するほか、多様なコンサルティングのメニューを用意し顧客の理解を深める。

 支援システムは金融庁の実施基準案をベースに作成。ワークシートに従って情報を入力していく簡便な方法により、法対応で求められる「業務記述書」といった統制の文書化ができる。また部門・全社レベルにおける内部統制整備状況のプロジェクト管理が一元で対応可能になる。

 システムの価格は700万円から。コンサル費用を合わせても1000万円以内で同法に対応することができる。コンサルタントに一任すると1億円以上かかる場合もあるといわれ、NTT西は費用対効果での優位性を訴求。販売目標として設定した09年度売上高100億円の達成を目指す。

 上場企業は同法対応の必要性を認識しているものの、その多くは未対応の実態がある。NTT西は研修とシステムをセットにした対応について具体的に提案することで、未着手の顧客を掘り起こす(2007.1.31/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-31 13:06 | インターネット総合  

<< お風呂も雨も水洗いもOK──富... 06年デジカメ世界出荷、21%... >>