世界の携帯電話販売、23%増の9億7800万台・06年ノキア調べ

携帯電話機の世界市場が急拡大を続けている。フィンランドのノキアがまとめた販売統計によると、2006年の世界販売台数は9億7800万台で前年比23%増えた。経済が高成長を続ける中国、インドなどでの普及に弾みがつき、新規加入者が膨らんだ。米モトローラや英ソニー・エリクソンの販売台数が急増する一方、サムスン電子など韓国勢が低い伸びにとどまるなど上位メーカーの勢いにも差が出てきている。

 最大手のノキアは幅広い品ぞろえなどを武器に首位を維持。昨年の販売台数は3億4700万台と前年から31%伸びた。2位のモトローラは人気の高い薄型機種「レーザー」の拡販効果などで2億1740万台と49%増えた。

 4位のソニー・エリクソンは音楽配信サービスなどを楽しめる高機能機種が好調で、販売台数は7480万台と46%増加。売上高、利益の伸びも年間でそれぞれ51%、154%と上位5社で最も高かった。(2007.1.28/日本経済新聞
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-28 10:21 | 周辺機器  

<< 「第3回世界で一番泣きたい小説... Yahoo! Googleの検... >>