UIやスキンを変更できる「Sleipnir 2.5」Vistaにも対応






 フェンリルは26日、タブブラウザの最新版「Sleipnir 2.5 正式版」をリリースした。あわせて、USBメモリでSleipnirの設定を持ち運べる「Portable Sleipnir」の最新版も公開した。Windows Vistaに対応したほか、Windows XP/2000/Me/98をサポートする。同社サイトから無料でダウンロードできる。

 Sleipnir 2.5では、ユーザーインターフェイスやプラグインの構成、スキンなどのデザインを変更する機能を新たに搭載。これまでは、初回起動時でしかデザイン(旧名称:スタイル)の変更ができず、デザインを変更するにはSleipnirをアンインストールする必要があった。

 選択可能なデザインとしては、新たにSleipnir 1.66に互換するデザイン「AncientSleipnir Design」が追加された。Sleipnir 2.49など従来の「Old Sleipnir Design」と、新しいユーザーインターフェイスを提案する「Advance」を合わせて、3つのデザインから選択できるようになった。

(2007.1.26/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-26 20:33 | インターネット総合  

<< 同一電話番号、携帯・固定で使用... PS3、欧州発売は3月23日―... >>