ドコモ、「D902i」「D902iS」「D903i」の販売を再開

NTTドコモは、バッテリーの異常発熱や破裂の恐れが確認されたことから、回収/交換を優先するため、販売を一時見合わせていた三菱電機製のFOMA端末「D902i」「D902iS」「D903i」の販売を、1月27日から再開すると発表した。


 不具合が確認されたバッテリーは、三洋ジーエスソフトエナジーが三菱端末向けに製造したOEM製品。ドコモは「交換する電池パックの在庫が確保できた」ことから、販売再開に至ったと説明している。

(2007.1.26/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-26 20:30 | 周辺機器  

<< 「Google Video」が... MNP特需第1幕は液晶効果でシ... >>