動画にコメントを付けられる「ニコニコ動画」、200万PV突破



 ニワンゴは1月24日、同社が1月15日にオープンした、動画にユーザーがコメントを付けられるサービス「ニコニコ動画」β版の1日あたりのページビュー(PV)が、200万を突破したと発表した。



 投稿されたコメント数は1月23日までに累計100万件を突破。動画リンクの投稿数も1万件を超えたといい、動画1件あたりの平均コメント数は約100件にのぼる。

 ニコニコ動画は、「YouTube」や「Ameba Vision」の動画に重ねてリアルタイムでコメントを付けられるサービス。以前に視聴したユーザーのコメントも、タイムラインに沿って表示される。いわば動画の“実況”だ。

 同社は同サービスで「これまでのサービスでなかったようなしきたり、様式、慣用句などが次々と自然発生しており、新しいネット上の文化ができつつある」とコメントしている。

 ニワンゴはドワンゴの子会社で、2ちゃんねる管理人・西村博之(ひろゆき)さんが取締役を務めている。ニコニコ動画のサービスは、ひろゆきさんが監修した。



(2007.1.24/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-25 01:33 | インターネット総合  

<< 仮想体験で「化粧顔」が分かる…... マイクロソフト、「Vista」... >>