19型モデルがついにシェアトップ、着実に大画面化進む液晶ディスプレイ市場




 これまでの液晶ディスプレイ市場は、17型モデルが主流で、ランキングの上位もほとんど17型で占められていた。そんな中、07年1月第2週の「BCNランキング」では並み居る17型モデルを押しのけ、アイ・オー・データ機器(I・Oデータ機器)の19型ワイド液晶ディスプレイが1位を獲得した。大画面化、ワイド化が進む液晶ディスプレイ市場。「BCNランキング」で最新の市場動向を探った。



●激戦の末、辛くも1位を獲得した19型ワイドの「LCD-AD191XB」

 07年1月第2週(07年1月8-14日)の「BCNランキング」液晶ディスプレイ部門で1位を獲得したのは、I・Oデータ機器の19型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-AD191XB(ブラック)」。販売台数シェアは2.49%だった。12月の第5週(12月25-31日)から徐々にシェアを拡大し、三菱電機の17型液晶ディスプレイ「RDT1713VM」と激しいデッドヒートを繰り広げた結果、0.04%という僅差で辛くも首位に立った。
(2007.1.24/BCN)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-01-24 15:12 | 周辺機器  

<< タカラトミー、世界初の“ツンデ... YouTube動画に字幕を付け... >>